兼子仁先生著『地域自治法学 論集』発行のお知らせ

 

 このたび、「編集工房悠々」では、兼子仁先生著『地域自治法学 論集』を発行させていただきます(7月30日)。『地域自治法学 論集』は、兼子行政法学の到達点であります。
 この点について著者兼子仁先生は、本書「まえおき」で次のように記されております。

 

「著者・兼子仁は、昨二〇一七年末に私家本・直販で『私の法解釈学の成立ちと焦点』を発行し(編集工房悠々)、その中において「最終ジャンルとしての“地域自治法学”」を章立てしている。また同年、一般書として『地域自治の行政法』(北樹出版)も出版していた。
それらはいずれも、私の学問人生を締めくくる著作であったが、それらを整理していく過程で近年、“地域自治法学”を意識的に裏付ける研究論文を主に「自治研究」に発表してきている。
これら「自治研究」を主とした掲載論文は、もとより公刊ずみなわけだが、右の経緯から私としては、広義の「自治体法学」の中に“地域自治法学”を裏付けることとなった論文の集成を、本書のような書店を通さない直販本にまとめておく必要をこのほど強く感ずるにいたった。
この直販本は、そうした意味合いで私の“地域自治法学”の論集を、改めて学界および実務界の方がたにご参考までに知っておいていただきたく思い、企画したものにほかならない。ご書棚の隅に置いていただければ、幸甚この上ない。」

 

本書1編「“地域自治法学”とは何か」は本書のために書き下したものであり、4編「住民投票の可能性」は日本自治学会2001年度総会・研究報告である。
2編「基礎自治体の広域連携について」、3-1・2編「地域自治による“一国多制度”」、5-1・2編「自治体実務行政法学を提唱する」、6-1・2編「私の法解釈方法論について」、7「現行法解釈における“法論理”」は、それぞれ「自治研究」誌への発表である。


●直販本の「編集工房悠々」へのご注文方法
・E-MAIL:sudo@yuyusha.com
・もしくは、下記住所へのお手紙・ハガキ(ファックスはありません)
住所:〒162-0803 東京都新宿区赤城下町62番地 アネックス62 302号
(恐縮ですが、お電話でのご注文はご遠慮下さいませ)

 

●お支払方法
・直販代金:1冊2,500円=本体価格2,000円+税160円+送料180円+手数料。
・上記メールアドレスもしくは、手紙・ハガキでご注文をいただき次第、郵便振替用紙を同封のうえ直販本をご郵送申し上げますので、お手元に到着次第、お振込いただきたく存じます。(郵便振替払込料金は編集工房悠々の負担になっていますので、不要です)
 編集工房悠々は、今後とも存在価値のある書籍を発行してゆきたいと存じます。