目 次

 

はしがき

凡 例

 

第1章 序 説

 Ⅰ 大陸法とはなにか

 Ⅱ 大陸法の適用範囲

 Ⅲ 大陸法と英米法

 Ⅳ 大陸法と日本法

 

第2章 大陸法の基礎

 Ⅰ 序

 Ⅱ ローマ法

 Ⅲ 中世ローマ法学

 Ⅳ ゲルマン法

 Ⅴ カノン法(教会法)

 

第3章 ローマ法の継受

 Ⅰ 序

 Ⅱ フランスにおけるローマ法の継受

 Ⅲ ドイツにおけるローマ法の継受

 Ⅳ ローマ法の現代的慣用(Usus modernus pandectarum)

 

第4章 近世自然法と法典編纂

 Ⅰ 序

 Ⅱ 近世自然法(理性法)発展

 Ⅲ バイエルンにおける法典編纂

 Ⅳ プロイセンにおける法典編纂

 Ⅴ オーストリアにおける法典編纂

 

第5章 フランス民法典の成立とその影響

 Ⅰ 民法典編纂前史──古法時代の法と法学

 Ⅱ 中間法時代

 Ⅲ 民法典の編纂

 Ⅳ 他の法典編纂

 Ⅴ フランス民法典(ナポレオン法典)の内容と特色

 Ⅵ フランス民法典に対する評価

 Ⅶ フランス民法典(ナポレオン法典)の継受

 

第6章 19世紀以降におけるフランス私法の発展

 Ⅰ 序

 Ⅱ 第1期(1804-1870年)

 Ⅲ 第2期(1870-1945年)

 Ⅳ 第3期(1945年以降)

 

第7章 19世紀におけるドイツ私法学の発展

 Ⅰ 歴史法学の成立

 Ⅱ ロマニステンとゲルマニステン

 Ⅲ パンデクテン法学

 

第8章 ドイツ・スイス民法典の成立

 Ⅰ ドイツ民法典の成立

 Ⅱ スイス民法典の成立

 

第9章 20世紀前半における大陸法の発展──ドイツを中心に

 Ⅰ 法学の新展開

 Ⅱ 判例の活躍──とくに第1次世界大戦の勃発と事情変更の原則の発展

 Ⅲ ワイマル体制下の社会化の進展

 Ⅳ ナチス私法学の功罪

 

第10章 第2次世界大戦後におけるヨーロッパ私法の発展──西ドイツを中心に

 Ⅰ 西ドイツ私法の発展

 Ⅱ 東ドイツ法の発展と消滅

 

編集後記

事項索引

人名索引

 

 

戻る