目  次

第一章 緒 論

第一節 債権の意義および性質
第一項 序説――債権法と物権法 
第二項 債権の意義および性質
第二節 債権法の法源と特質 

第二章 債権の目的
第一節 総 説

第二節 特定物債権 
第三節 種類債権 
第四節 金銭債権 
第五節 利息債権 
第六節 選択債権 
第七節 任意債権


第三章 債権の効力
第一節 債権の効力概説 
第二節 強制力の欠如した債権
第一項 債権と強制力との関係 
第二項 自然債務 
第三項 債務と責任
第三節 強制履行
第一項 民法四一四条の比較法的・沿革的考察 
第二項 民法四一四条の解釈
第四節 債務不履行
第一項 総 説 
第二項 履行遅滞 
第三項 履行不能 
第四項 不完全履行・積極的債権侵害およびその他の 
     義務違反
第五節 債務不履行による損害賠償
第一項 序 説 
第二項 判例の分析 
第三項 損害賠償の範囲に関する補論 
第四項 損害賠償の範囲に関する特殊問題 
第五項 損害賠償額の予定 
第六項 賠償者の代位
第六節 債権者遅滞(受領遅滞) 
第七節 債権侵害に対する保護 
第八節 債権者代位権 
第九節 債権者取消権


第四章 多数当事者の債権関係
第一節 総 説 
第二節 分割債権関係 
第三節 不可分債権関係 
第四節 連帯債務 
第五節 保証債務
第一項 保証債務の意義および性質 
第二項 保証債務の成立 
第三項 保証債務の内容 
第四項 保証債務の対外的効力 
第五項 主たる債務者または保証人について生じた事由の効力 

第六項 保証債務の対内的効力(求償関係) 
第七項 連帯保証 
第八項 共同保証 
第九項 継続的保証(根保証)


第五章 債権譲渡と債務引受
第一節 総 説 
第二節 債権譲渡
第一項 総 説 
第二項 指名債権の譲渡 
第三項 証券債権の譲渡
第三節 債務引受
第一項 総 説 
第二項 免責的債務引受 
第三項 併存的債務引受 
第四項 履行引受 
第五項 契約引受(契約上の地位の譲渡)


第六章 債権の消滅
第一節 総 説 
第二節 弁 済
第一項 総 説 
第二項 弁済者 
第三項 弁済受領者 
第四項 弁済の目的物に関する諸規定 
第五項 弁済の場所 
第六項 弁済の時期および費用 
第七項 弁済の証拠 
第八項 弁済の充当 
第九項 弁済の提供 
第一〇項 弁済による代位(代位弁済)
第三節 代物弁済

第四節 供 託 
第五節 相 殺 
第六節 更 改 
第七節 免 除 
第八節 混 同 

補  章
第一節 文献増補および補説 
第二節 債務不履行責任(契約責任)と不法行為責任と 
    の関係――いわゆる請求権競合問題について 

文献略称 
主要文献 
判例索引 
事項索引



書籍一覧へ
はしがき
書籍の購入