目  次

 

はしがき 1

編者・執筆者紹介 3

裁判審級図〔民事・知財〕 7

1審手続の流れ 8

裁判審級図〔知財を除く全体〕 10

凡例 11

 

1章 総 論

 

1 民事訴訟の流れ 1

1.1 民事訴訟の典型例と要件事実……………………………………………1

1.2 民事訴訟の目的……………………………………………………………5

1 権利保護説(2 私法秩序維持説(3 紛争解決説(4 多元説(5 手続保障説

 

2 裁判外の紛争解決 7

2.1 裁判と裁判外紛争解決手続………………………………………………7

2.2 裁判外紛争解決手続の概要………………………………………………9

1 裁判外紛争解決手続(ADR)(2 ADR 法(3 代表的な裁判外紛争解決手続

2.3 交渉技法と紛争解決………………………………………………………11

 

3 民事訴訟の対象――訴訟と非訟 15

3.1 訴訟手続と非訟手続の差異………………………………………………15

3.2 訴訟事件と非訟事件………………………………………………………16

1 非訟事件の種類(2 訴訟事件と非訟事件の区別の基準(3)「訴訟事件の非訟化」とその限界

3.3 具体的な検討………………………………………………………………18

1 夫婦同居審判事件(2 推定相続人廃除請求事件(3 検討(4 個別的アプローチの試み

5 非訟手続における手続保障論

 

4 訴訟上の権能の濫用と信義則 21

4.1 訴訟上の信義則……………………………………………………………21

4.2 請求レベルでの訴訟上の信義則…………………………………………22

1 不当提訴・不当応訴(2 一部請求と残額請求(3 紛争の実質的蒸返し

4 不法行為訴訟と損害賠償請求

4.3 主張レベルでの訴訟上の信義則…………………………………………24

1 攻撃防御方法の適時提出主義との関係(2 抗告・異議申立て(3 忌避権の濫用(4 相殺の抗弁

5 その他の場合

4.4 訴訟上の信義則違反の処理………………………………………………26

 

2章 当事者と裁判所

 

1 当事者の意義 27

1.1 民事訴訟の主役としての当事者…………………………………………27

1.2 当事者概念と被告の応訴義務……………………………………………28

1.3 二当事者対立構造と武器平等の原則……………………………………29

1.4 当事者権と手続保障論……………………………………………………30

1.5 当事者をめぐる諸概念……………………………………………………30

 

2 当事者の確定 31

2.1 当事者の確定の意義と帰結………………………………………………31

1 当事者の確定の意義(2 当事者の確定の帰結――表示の訂正と任意的当事者変更

2.2 当事者の確定基準…………………………………………………………33

1 判例(2 学説

2.3 当事者の確定が問題となる事件類型

  ――氏名冒用訴訟事件類型について……………………………………35

 

3 当事者能力 36

3.1 当事者能力の意義と機能…………………………………………………36

3.2 当事者能力を有する者(その1)――法人格を有する者………………37

3.3 当事者能力を有する者(その2

  ――法人格のない社団または財団……………………………………38

1 意義と判断基準(2 財団の帰属形態(3 民法上の組合(4 住民団体等

3.4 当事者能力が欠ける場合の措置…………………………………………42

 

4 当事者適格 43

4.1 当事者適格の意義と機能…………………………………………………43

4.2 当事者適格を有する者(その1)―― 一般の場合……………………44

1 当事者適格を基礎づけるもの(2 各種の訴訟類型における当事者適格の考え方

4.3 当事者適格を有する者(その2)――第三者の訴訟担当……………47

1 意義(2 法定訴訟担当(3 任意的訴訟担当

4.4 対世効がある場合の当事者適格…………………………………………51

4.5 現代型訴訟における当事者適格…………………………………………51

4.6 当事者適格が欠ける場合の措置…………………………………………52

 

5 訴訟能力 53

5.1 訴訟能力の意義……………………………………………………………53

5.2 訴訟能力を有する者(訴訟能力者)……………………………………55

5.3 訴訟能力を欠く者(訴訟無能力者)……………………………………55

 1 訴訟能力を全部欠く者(絶対的訴訟無能力者:未成年者・成年被後見人)

 2 訴訟能力を一部欠く者(制限的訴訟能力者:被保佐人・被補助人)

 3 人事訴訟における訴訟能力

5.4 訴訟能力の不備の効果……………………………………………………57

1 訴訟無能力者による訴訟行為の効果(2 追認(3 訴訟能力を看過した判決の効力

5.5 弁論能力……………………………………………………………………58

 

6 訴訟上の代理人・代表者 59

6.1 訴訟と代理…………………………………………………………………59

1 意義(2 訴訟委任に基づく代理人(3 法令上の代理人

6.2 訴訟代理権の範囲…………………………………………………………60

1 原則(2 本人との関係(3 訴訟代理権の制限(4 特別授権(5 各自代理

6 双方代理等 7 補佐人

6.3 訴訟代理の終了……………………………………………………………63

6.4 弁護士強制と弁護士以外の訴訟代理……………………………………63

1 弁護士強制主義(2 弁護士以外の訴訟代理

6.5 法定代理人と法人等の代表者……………………………………………64

1 法定代理人(2 法定代理権の範囲と消滅(3 法人等の代表者(4 代表権と表見代理

5 国等の代表者

 

7 裁判所の管轄 69

7.1 裁判所の組織………………………………………………………………69

1 裁判所の種類(2 簡易裁判所と少額裁判所

7.2 裁判所の構成員……………………………………………………………71

1 裁判官と裁判所職員(2 合議制と単独制

7.3 事物管轄と国内土地管轄…………………………………………………73

1 事物管轄(2 国内土地管轄(請求が1個の場合)(3 国内土地管轄(請求が複数の場合)

7.4 合意管轄と移送……………………………………………………………77

1 合意管轄(2 移送(3 地裁と簡裁の関係

 

8 裁判官の除斥・忌避・回避 80

8.1 除斥………………………………………………………………………80

8.2 忌避………………………………………………………………………81

8.3 除斥・忌避の裁判………………………………………………………81

8.4 回避………………………………………………………………………82

 

3章 審判の対象と訴訟の開始

 

1 審判の対象と訴訟物 83

1.1 審判の対象と訴訟物………………………………………………………83

1 意義(2 旧訴訟物理論と新訴訟物理論(3 訴訟物理論の現在

1.2 請求の特定…………………………………………………………………87

 

2 訴えの3類型と境界(筆界)確定訴訟 89

2.1 訴えの3類型………………………………………………………………89

1 給付の訴え(2 確認の訴え(3 形成の訴え

2.2 形式的形成訴訟と境界(筆界)確定訴訟………………………………92

 

3 訴状の提出と送達 93

3.1 訴状の提出と記載事項……………………………………………………93

1 訴状(2 訴状の記載事項(3 手数料(4 訴状の提出(5 裁判長の訴状審査

3.2 訴状の送達…………………………………………………………………96

1 送達の意義(2 送達の機関(3 送達に関する規制(4 送達の方法

 

4 訴え提起の効果 101

4.1 重複起訴(二重起訴)の禁止…………………………………………101

1 意義(2 重複起訴の要件(3 効果

4.2 時効の中断………………………………………………………………106

 

5 訴訟に要する費用 107

5.1 訴訟に要する費用………………………………………………………107

5.2 訴訟費用の種類…………………………………………………………108

1 裁判費用(2 当事者費用(裁判外費用)

5.3 訴訟費用の裁判手続……………………………………………………109

1 訴訟費用の負担(2 手続

5.4 訴訟費用の担保…………………………………………………………110

5.5 訴訟上の救助……………………………………………………………110

1 訴訟救助の意義(2 要件(3 効果(4 手続

5.6 弁護士費用………………………………………………………………111

5.7 法律扶助…………………………………………………………………112

 

4章 訴訟要件・訴えの利益

 

1 訴訟要件 113

1.1 訴訟要件の意義…………………………………………………………113

1.2 訴訟要件の種類…………………………………………………………114

1 積極的要件と消極的要件(2 訴えの利益と当事者適格の特色

1.3 訴訟要件の審理・判決…………………………………………………115

1 訴訟要件の調査(2 審理順序(3 存否の判定時期(4 調査の結果

 

2 訴えの利益 119

2.1 訴えの利益の意義………………………………………………………119

2.2 権利保護の資格…………………………………………………………120

1)「法律上の争訟」性(2 権利保護の資格

2.3 各種の訴えに共通な訴えの利益………………………………………121

2.4 確認の訴えの利益………………………………………………………121

1 意義(2 要件

2.5 給付の訴えの利益………………………………………………………128

1 現在の給付の訴えの利益(2 将来の給付の訴えの利益

2.6 形成の訴えの利益………………………………………………………130

1 形成訴訟の法定と訴えの利益(原則)(2 形成訴訟係属中の事実関係の変動(例外)

 

5章 訴訟の審理

 

1 処分権主義 133

1.1 意義・趣旨………………………………………………………………133

1.2 処分権主義の発現する局面……………………………………………134

 

2 弁論主義 135

2.1 弁論主義と処分権主義の関係…………………………………………135

2.2 弁論主義と職権進行主義………………………………………………135

2.3 弁論主義の内容と根拠…………………………………………………136

2.4 弁論主義に関する判例…………………………………………………139

1 相手方の援用しない自己に不利益な事実の陳述(2 所有権喪失事由(3 権利抗弁

4 過失 5 公序良俗

2.5 主要事実と間接事実の区別の法理……………………………………140

2.6 弁論主義と要件事実の関係……………………………………………143

 

3 裁判所の釈明 143

3.1 裁判所の釈明……………………………………………………………143

3.2 釈明権と釈明義務………………………………………………………144

3.3 法的観点指摘義務………………………………………………………145

3.4 期日外釈明………………………………………………………………147

 

4 口頭弁論の準備と争点整理手続 148

4.1 口頭弁論の準備の必要性………………………………………………148

4.2 準備書面…………………………………………………………………149

1 総説(2 証拠申出書(3 準備書面の提出(4 準備書面提出の効果

4.3 争点整理手続(含・進行協議期日) …………………………………152

1 争点整理の必要性(2 争点整理手続の種類(3 準備的口頭弁論(4 弁論準備手続

5 書面による争点整理(6)「争点整理」の実質的機能(7 進行協議期日

 

5 口頭弁論 157

5.1 必要的口頭弁論の原則と訴訟諸原則…………………………………157

1 口頭弁論の意義(2 口頭弁論の諸原則

5.2 併行審理主義と継続審理(集中審理)主義…………………………159

5.3 当事者の欠席と不熱心訴訟追行………………………………………160

1 序(2 1回口頭弁論期日(3 続行期日

5.4 弁論の制限・分離・併合・再開………………………………………163

1 口頭弁論の制限(2 口頭弁論の分離(3 口頭弁論の併合(4 口頭弁論の再開

5 弁論の進行と訴訟指揮

5.5 口頭弁論期日の実施・続行・延期・変更……………………………165

1 口頭弁論の実施(2 口頭弁論の続行(3 口頭弁論期日の延期(4 口頭弁論期日の変更

5.6 口頭弁論の更新…………………………………………………………167

1 序(2)直接主義(3 証人の再尋問

5.7 訴訟指揮…………………………………………………………………168

1 訴訟指揮の概念(2 訴訟指揮権の行使(3 訴訟指揮権と当事者

5.8 責問権とその放棄・喪失………………………………………………170

1 責問権(2 瑕疵の態様(3 放棄・喪失

 

6 訴訟行為 171

6.1 訴訟行為の意義…………………………………………………………171

6.2 訴訟行為の特徴…………………………………………………………172

6.3 訴訟行為の種類…………………………………………………………172

1 広義の訴訟行為と狭義の訴訟行為(2 訴訟行為の性質による分類

3 訴訟行為の機能による分類

6.4 訴訟行為と条件・期限…………………………………………………173

1 訴訟行為についての条件(2 訴訟行為についての期限

6.5 訴訟上の合意(訴訟契約) ……………………………………………173

1 訴訟上の合意(訴訟契約)の意義(2 訴訟上の合意(訴訟契約)の性質

3 訴訟上の合意(訴訟契約)の許容性

6.6 意思表示の瑕疵…………………………………………………………175

1 訴訟行為と私法行為の違い(2 訴訟行為における意思表示の瑕疵と私法規定の類推適用

6.7 民法上の形成権の訴訟における行使…………………………………176

1 形成権行使の意義(2 学説の状況

 

7 適時提出主義 179

7.1 適時提出主義……………………………………………………………179

7.2 攻撃防御方法の提出に関する制限……………………………………179

1 時機に後れた攻撃防御方法の却下(2 攻撃防御方法の提出に関するその他の制限

7.3 計画審理…………………………………………………………………181

1 計画審理の意義(2 審理計画の内容(3 審理計画が定められている場合の攻撃防御方法の却下

 

8 当事者の申立てと主張 182

8.1 当事者の申立て…………………………………………………………182

1 申立ての意義(2 本案の申立て(3 訴訟上の申立て

8.2 当事者の主張……………………………………………………………183

1 当事者の主張の意義(2 法律上の主張と事実上の主張

8.3 事実上の主張に対する相手方の対応…………………………………184

1 否認・不知の陳述(2 自白・沈黙(3 抗弁(4 当事者の立証

5 攻撃防御方法という概念について

 

6章 証拠法

 

1 証拠の基本概念と自由心証主義 189

1.1 証拠の基本概念…………………………………………………………189

1 事実認定と証拠(2 証拠の意義(3 証拠の種類(4 証明と疎明(5 厳格な証明と自由な証明

1.2 証明の対象………………………………………………………………192

1 事実(2 法規(3 経験則

1.3 自由心証主義……………………………………………………………194

1 自由心証主義の意義(2 自由心証主義の内容(3 心証形成の程度と態様(4 事実認定の違法

 

2 裁判上の自白 200

2.1 自白の意義………………………………………………………………200

2.2 自白の対象となる事実…………………………………………………201

2.3 自白の要件………………………………………………………………202

2.4 自白の拘束力の二面性とその根拠……………………………………203

2.5 権利自白の拘束力………………………………………………………203

2.6 自白の撤回………………………………………………………………205

 

3 資料・証拠の収集 207

3.1 予告通知と提訴前の証拠収集手続……………………………………207

1 予告通知に基づく照会(2 訴え提起前の証拠収集処分

3.2 文書提出命令……………………………………………………………208

1 限定的提出義務から一般義務へ(2 文書提出義務(3 文書提出命令手続

3.3 当事者照会および弁護士会照会………………………………………218

1 当事者照会(2 弁護士会照会

3.4 その他の証拠収集(証拠保全,文書送付・調査の嘱託) …………219

1 証拠保全(2 文書送付・調査の嘱託

 

4 証明責任 221

4.1 証明責任の意義と機能…………………………………………………221

1 真偽不明の解決策であること(2 訴訟手続のバックボーンとなること

4.2 証明責任の分配…………………………………………………………223

1 分配法則(2 具体例

4.3 証明負担の軽減…………………………………………………………227

1 証明負担軽減の必要性(2 証明責任の転換(3 証明度の軽減(4 証明責任以前の解決

 

5 証拠調べ 234

5.1 証拠申出と採否…………………………………………………………234

1 証拠申出の必要(2 証拠の採否(3 証拠調べの実施

5.2 人証および鑑定…………………………………………………………236

1 証人尋問(2 当事者尋問(3 鑑定(4 専門委員

5.3 書証・検証………………………………………………………………242

1 文書証拠の種類(2 書証の申出(3 文書の真正(形式的証拠力)(4 準文書(5 検証

 

7章 訴訟の終了

 

1 訴えの取下げと請求の放棄・認諾 245

1.1 訴えの取下げ……………………………………………………………247

1 意義(2 訴え取下げの要件(3 訴え取下げの手続(4 訴え取下げの効果

5 訴え取下げの効力についての争い

1.2 請求の放棄・認諾………………………………………………………251

1 意義(2 要件(3 放棄・認諾の手続(4 放棄・認諾の効果

 

2 訴訟上の和解 254

2.1 訴訟上の和解……………………………………………………………254

1 意義(2 要件(3 訴訟上の和解の手続(4 効果

2.2 訴訟上の和解の瑕疵とその救済………………………………………259

1 訴訟上の和解の瑕疵とその救済(2 訴訟上の和解の解除と解除方法

 

3 判決の成立と種類 260

3.1 裁判と判決の種類………………………………………………………260

1 裁判の種類(2 判決の種類

3.2 判決の成立と様式………………………………………………………263

1 判決の成立(2 判決の様式

 

4 申立事項と判決事項 265

4.1 申立事項と判決事項の一致……………………………………………265

4.2 訴訟物……………………………………………………………………266

4.3 権利救済の形式…………………………………………………………266

4.4 権利保護の範囲…………………………………………………………267

1 一部認容判決(2 量的一部認容(3 質的一部認容(4 一時金賠償と定期金賠償

 

5 判決効の時的・客観的範囲 269

5.1 判決の効力(判決効) …………………………………………………269

1 判決の自己拘束力(2 確定判決の効力

5.2 判決効の時的範囲………………………………………………………271

1 既判力の基準時(2 遮断効(3 形成権の行使

5.3 判決効の客観的範囲……………………………………………………273

1 主文中の判断(2 判決理由中の判断(相殺の抗弁の例外)

5.4 判決理由中の判断と争点効……………………………………………277

1 争点効理論(2 争点効理論に対する学説・判例の評価

3 信義則による判決理由中の判断の拘束力

 

6 判決効の主観的範囲 280

6.1 判決効の主観的範囲……………………………………………………280

1 当事者(2 訴訟担当の場合の利益帰属主体(3 口頭弁論終結後の承継人

4 請求の目的物の所持者 (5 訴訟脱退者(6 法人格否認の法理と既判力の拡張

7 一般第三者への既判力の拡張

6.2 反射効……………………………………………………………………286

1 反射効の意義(2 学説・判例の評価

 

8章 複数請求訴訟と多数当事者

 

1 複数請求訴訟 289

1.1 訴えの客観的併合………………………………………………………289

1 意義(2 併合の形態(3 併合の要件(4 併合要件の調査(5 併合訴訟の審判

6 併合訴訟の終局判決

1.2 訴えの変更………………………………………………………………294

1 意義と形態(2 要件(3 手続(4 効果

1.3 反訴………………………………………………………………………296

1 意義(2 要件(3 手続(4)審判

1.4 中間確認の訴え…………………………………………………………298

1 意義(2 要件(3 手続

1.5 選定者にかかる請求の追加……………………………………………299

 

2 多数当事者紛争と訴訟 300

2.1 多数当事者訴訟の類型…………………………………………………300

2.2 共同訴訟の類型…………………………………………………………301

 

3 通常共同訴訟 302

3.1 概念………………………………………………………………………302

1 定義(2 通常共同訴訟の範囲

3.2 要件………………………………………………………………………304

1 一般の訴訟要件(2 客観的併合要件(3 主観的併合要件

3.3 通常共同訴訟の審理方式………………………………………………309

1 共同訴訟人独立の原則(2 共同訴訟人間の証拠共通の原則(3 共同訴訟人の孤立化の問題

 

4 必要的共同訴訟 312

4.1 必要的共同訴訟の意義…………………………………………………312

4.2 固有必要的共同訴訟の当事者適格……………………………………313

4.3 固有必要的共同訴訟の具体例…………………………………………314

1 数人が共同して管理処分すべき財産に関する訴訟

2 他人間の権利関係の変動を目的とする訴訟

3 共同所有関係をめぐる訴訟

4.4 類似必要的共同訴訟……………………………………………………319

4.5 必要的共同訴訟の審理…………………………………………………319

1 訴訟進行の統一(2 訴訟資料の統一

 

5 主観的予備的ないし追加的併合 322

5.1 主観的予備的併合と同時審判申出共同訴訟…………………………322

1 主観的予備的併合の可否(2 同時審判申出共同訴訟

5.2 主観的追加的併合………………………………………………………324

1 意義(2 参加型(第三者主導型)(3 引き込み型(当事者主導型)

 

6 共同訴訟参加 327

6.1 意義………………………………………………………………………327

6.2 要件………………………………………………………………………327

1 訴訟の目的が当事者の一方および第三者について合一にのみ確定すべき場合であること

2 訴訟の係属中であること

3 参加者が,相手方との関係で当事者適格を有すること

6.3 手続………………………………………………………………………328

 

7 選定当事者 329

7.1 意義………………………………………………………………………329

7.2 要件………………………………………………………………………330

1 共同訴訟人として原告または被告になるはずの者が多数存在すること

2 多数者が共同の利益を有すること

3 選定当事者が多数者中に含まれること

7.3 手続………………………………………………………………………331

7.4 選定の効果………………………………………………………………331

1 選定当事者の地位(2 選定者の地位

7.5 選定者に係る請求の追加………………………………………………332

1 意義(2 要件(3 手続(4 効果

 

8 補助参加 333

8.1 補助参加の構造と要件…………………………………………………333

1 補助参加の構造(2 補助参加の要件

8.2 補助参加の手続…………………………………………………………334

8.3 補助参加人の地位と判決の効力………………………………………335

1 補助参加人の地位(2 裁判の補助参加人に対する効力

8.4 共同訴訟的補助参加……………………………………………………338

1 意義(2 共同訴訟的補助参加人の地位

8.5 訴訟告知…………………………………………………………………339

1 意義(2 要件(3 方式(4 効果

 

9 独立当事者参加 340

9.1 独立当事者参加の構造と要件…………………………………………340

1 意義(2 独立当事者参加の構造(3 要件

9.2 独立当事者参加の手続…………………………………………………344

1 参加手続(2 参加後の手続

9.3 二当事者訴訟への還元…………………………………………………346

1 訴えまたは独立当事者参加の取下げ(2 訴訟脱退

 

10 訴訟承継と任意的当事者変更 348

10.1 訴訟承継…………………………………………………………………348

1 当然承継(2 特定承継と訴訟承継主義(3 参加承継と引受承継(4 訴訟承継の効果

10.2 任意的当事者変更………………………………………………………352

1 任意的当事者変更と表示の訂正(2 任意的当事者変更の理論構成

3 任意的当事者変更の法的性質と訴訟手続への影響

 

9章 上訴と再審

 

1 上訴の仕組みと上訴の利益 357

1.1 上訴の仕組みと上訴の目的……………………………………………357

1 裁判に対する不服申立制度の必要性(2 上訴の種類(3 上訴の目的

1.2 上訴の要件と上訴提起の効果…………………………………………359

1 上訴の要件(2 不服の利益(3 上訴提起の効果

 

2 控訴審の手続 361

2.1 控訴の提起と附帯控訴…………………………………………………361

1 控訴の提起(2 附帯控訴

2.2 控訴審の審理……………………………………………………………362

1 控訴審の構造(2 審理・弁論

2.3 控訴審の終了……………………………………………………………364

1 控訴の取下げ・和解(2 終局判決(3 原判決の取消・変更の範囲――不利益変更禁止の原則

 

3 上告審の手続 366

3.1 上告審の構造と上告理由………………………………………………366

1 上告審の構造(2 上告理由

3.2 上告の提起………………………………………………………………368

1 権利上告(2 上告受理の申立て(裁量上告)

3.3 上告審の審理……………………………………………………………370

3.4 上告審の終了……………………………………………………………370

1 上告の取下げ(2 終局判決

 

4 抗告の手続 372

4.1 抗告の意義………………………………………………………………372

4.2 抗 告……………………………………………………………………372

1 抗告の種類(2 抗告のできる裁判(3 抗告の提起(4 抗告審の審理・終了

4.3 最高裁判所への許可抗告………………………………………………374

1 意義と問題点(2 手続

 

5 再審の手続 376

5.1 再審の意義………………………………………………………………376

5.2 再審の要件………………………………………………………………376

1 再審事由(2 再審機関(3 再審の補充性

5.3 再審の手続………………………………………………………………378

1 再審手続の概要と構造(2 再審の訴訟物

 

10章 略式手続と国際民事訴訟

 

1 少額訴訟手続 381

1.1 少額訴訟手続の意義と要件……………………………………………381

1 少額訴訟の意義(2 少額訴訟の要件

1.2 少額訴訟手続の審理……………………………………………………383

1 一期日審理の原則(2 反訴の禁止(3 証拠調べの特則

1.3 少額訴訟手続の判決と不服申立て……………………………………384

1 少額訴訟の判決(2 少額訴訟判決に対する不服申立て

 

2 督促手続 386

2.1 督促手続と債務名義の取得……………………………………………386

1 支払督促の申立て(2 支払督促の発付

2.2 督促手続と債務者の手続保障…………………………………………388

1 債務者による督促異議(2 債務者以外の第三者による督促異議の申立て(3 異議後の手続

 

3 手形・小切手訴訟 390

3.1 手形・小切手訴訟の特徴………………………………………………390

1 手形・小切手訴訟の意義(2 手形・小切手訴訟の特徴

3.2 手形・小切手訴訟の証拠方法の制限と不服申立て…………………391

1 証拠の制限(2 手形判決に対する不服申立て

 

4 国際民事訴訟 392

4.1 民事裁判権の免除………………………………………………………392

1 民事裁判権の免除の意義(2 外国国家

4.2 国際裁判管轄……………………………………………………………395

1 国際裁判管轄の意義・法源(2)「特別の事情」判断(3 主な管轄原因

4.3 国際訴訟競合……………………………………………………………398

1 国際訴訟競合規制の必要性(2 承認予測説とその問題

 

 

「裁判書式」一覧(作成:小林秀之・薮口康夫)

 

書式1 和解調書(起訴前の和解)】 402

書式2 訴 状】 403

書式3 1号証】(借用書) 405

書式4 訴訟委任状】 405

書式5 答弁書】(被告が争う場合) 407

書式6 準備書面】(原告提出) 408

書式7 証拠申出書】+別紙「尋問事項書」 409

書式8 証拠説明書】 410

書式9 口頭弁論調書】 411

書式10 甲号証】(書証目録の記載例) 411

書式11 1審判決書】(被告が争った場合:平成23423日判決言渡し) 412

書式12 控訴状】 414

書式13 控訴審判決書】(平成23913日判決言渡し) 415

書式14 上告状】 416

書式15 上告受理申立書】 417

書式16 上告受理申立理由書】 418

書式17 上告審判決書】(平成24320日判決言渡し) 419

書式18 訴 状】(少額訴訟) 421

書式19 答弁書】(少額訴訟) 423

 

事項索引……………………………………………………………………………425

判例索引……………………………………………………………………………435