目 次

はしがき

1章 人の生命(いのち)と法律

Ⅰ 何が問題なのか…………………………………………………………………………2

生命(いのち)とは 2

進んできた生殖補助医療 3

終末期の医療 5

Ⅱ 課題を解決するための考え方………………………………………………………8

功利主義的生命倫理 8

人間の尊厳 10

Ⅲ 日本の憲法と生命の保護……………………………………………………………12

大切な個人主義の原理 12

個人の尊厳は「人間の尊厳」と同じか 13

脚光を浴びる幸福追求権 14

基本的人権と幸福追求権との関係 16

幸福追求権と新しい人権 18

自己決定権の中身 19

自己決定権と公共の福祉 21

解決の指針 23

 

2章 人(ヒト)の生命の誕生──胚・胎児

 

Ⅰ 保護すべき生命…………………………………………………………………………26

受精卵と胎児 26

肯定論と否定論 29

Ⅱ 堕胎と人工妊娠中絶…………………………………………………………………30

胎児の保護と堕胎罪 30

堕胎が許される場合──人工妊娠中絶 32

日本は堕胎天国か 33

女性のプライバシー 35

Ⅲ 選択的中絶をめぐる諸問題…………………………………………………………37

胎児の診断 37

胎児条項とは 39

母体保護法と胎児条項 40

障害児出産と親・医師の責任 41

重度障害児の保護 42

減数中絶手術 44

Ⅳ 胎児に対する加害……………………………………………………………………45

胎児傷害の問題 45

水俣病事件と裁判所 46

堕胎と新生児 48

 

3章 生殖補助医療をめぐる諸問題

 

Ⅰ 生殖補助医療の視点…………………………………………………………………52

生殖補助医療とは 52

生殖医療に対する視点 52

Ⅱ 人工授精の問題点……………………………………………………………………54

人工授精とは 54

問題となる非配偶者間人工授精 55

(1) 姦通罪との関連 56

(2) 文書偽造の罪との関連 57

(3) 暴行罪との関連 58

(4) 出自を知る権利 58

個人の意思の尊重と規制の根拠 59

非配偶者間人工授精の弊害 60

人工精子と父親 62

嫡出否認 63

生殖医療での父子関係 65

関連する諸問題 66

AIDの実施 67

Ⅲ 体外受精の許される範囲……………………………………………………………69

体外受精とは 69

体外受精へのスタンス 70

体外受精の弊害 72

卵子提供をめぐる弊害 73

iPS細胞 74

母子関係の確定 75

私の結論 77

代理出産契約をめぐる諸問題 78

代理母問題の現状 80

代理出産有害論の混乱 83

夫の死亡後の妊娠 84

Ⅳ 生殖医療に対する法規制……………………………………………………………85

生殖医療規制の現状 85

自主規制の対象 86

ドイツの場合 87

生殖技術の濫用88

それ以外の規制 89

規制のあり方 89

Ⅴ 配偶子および胚の保存と利用………………………………………………………91

問題の所在 91

配偶子と胚の保護 92

遺伝子操作の問題点 94

遺伝子操作と人間の尊厳 96

人間のクローニング 97

人の尊厳──キメラとハイブリット 99

キメラ 102

ゲノム解析と遺伝情報 103

 

4章 人の生命の保護

 

Ⅰ 人の生命………………………………………………………………………………106

いつから人となるか 106

一部露出説 107

Ⅱ 殺人の諸類型…………………………………………………………………………108

普通殺人と尊属殺人 108

尊属殺人の廃止 110

同意(嘱託・承諾)殺人など 111

Ⅲ 自殺に関連する諸問題………………………………………………………………112

自殺は犯罪か 112

自殺関与罪と同意殺人罪 114

自殺の手引書 115

自殺の現状を考える 117

 

5章 安楽死の是非

 

Ⅰ 安楽死問題の推移……………………………………………………………………120

安楽死(オイタナジー)とは 120

安楽死問題の動き 121

新しい展開 124

日本での展開 124

Ⅱ 安楽死は許されるか…………………………………………………………………125

安楽死の諸類型 125

賛否両論 127

名古屋高裁判決の内容 128

二つの論点 130

東海大学付属病院安楽死事件 132

Ⅲ 安楽死の要件…………………………………………………………………………133

安楽死の根拠 133

安楽死の要件 135

狭い安楽死の成立範囲 137

 

6章 尊厳死──終末期医療のあり方

 

Ⅰ 尊厳死が問題となる背景…………………………………………………………140

国民的関心事 140

終末期医療に関する世論 141

終末医療のあり方に関する意識調査 142

基本的な視点 143

Ⅱ 尊厳死を認める根拠………………………………………………………………144

尊厳死の内容 144

カレン事件 145

インフォームド・コンセント 148

終末期医療の実態 150

尊厳死の根拠 151

川崎共同病院事件判決 154

終末期医療のあり方に関する動き 155

Ⅲ 延命医療不開始・中止が許される根拠………………………………………156

人命尊重と患者の意思の尊重 156

正当化の基礎 158

植物状態の患者 159

リビング・ウィル(事前の意思表示) 161

Ⅳ 終末期における延命医療不開始・中止の条件と範囲……………………164

不開始・中止の条件 164

栄養補給を中止すべきか 166

Ⅴ 法制化の是非………………………………………………………………………168

延命医療不開始・中止の推進 168

医療の現場にゆだねる 169

 

7章 死をめぐる法律問題

 

Ⅰ 権利義務の発生・消滅と死………………………………………………………174

問題の背景 174

死の法的意味 176

Ⅱ 脳死の意味とその判定……………………………………………………………179

脳死とは何か 179

脳死は人の死か 182

脳死の判定 184

Ⅲ 外国ではどうか……………………………………………………………………187

イギリスの場合 187

アメリカの場合 190

Ⅳ 日本での展開………………………………………………………………………193

和田心臓移植事件 193

筑波大学事件 195

脳死臨調最終報告 198

Ⅴ 脳死問題と法律学…………………………………………………………………200

考え方の基本 200

法律問題としての脳死 201

社会的合意説 202

臓器移植法の成立 205

 

8章 臓器移植のあり方

 

Ⅰ 臓器移植と脳死説の関係…………………………………………………………210

脳死論議の整理 210

臓器移植に反対ならば脳死説にも反対 211

それでも有意義 212

Ⅱ 臓器移植手術の中身………………………………………………………………213

臓器移植とは 213

Ⅲ 脳死と心臓移植………………………………………………………………………215

シクロスポリンAの発見 215

脳死患者と心臓移植 217

人工心臓──異種移植 218

Ⅳ 臓器移植と法律………………………………………………………………………220

臓器移植に対する視点 220

臓器摘出と臨死状態の生命の保護 221

臓器移植法のあゆみ223

1997年法の中身 224

改正法の骨子と論点 226

(1) 脳死は人の死か 226

(2) 優先提供をめぐる問題 228

(3) その他の課題 229

() 臓器の売買など 229

() インフォームド・コンセント 230

() 秘密保持義務 231

私の結論 232

 

〔資料〕臓器の移植に関する法律……………………………………………………235

 

事項索引 249

判例索引 255



書籍一覧へ
書籍の購入