「武力信仰」悪夢再現を憂える

   ―戦後労働法を学んだ陸軍将校生徒(米寿の記)

 

佐藤昭夫著(現弁護士) A5版、上製、総頁348頁

            定価(本体価格3500円+税)

 陸軍最後の将校生徒という軍国主義一色の少年時代の反省から、「自ら考えること」の大切さを学ぶ。早稲田大学の労働法の教授として歴史を検証し、早稲田大学告発、意見書提出など多くの労働運動の実践に関わった貴重な記録。

 

はじめに

目次

書籍の購入