目  次

    1章 序 論     ……………鎌田 薫
1 物権の意義と性質
 1.1 物権と物権法
 1.2 物権の意義
 1.3 物権と債権の違い
2 物権の種類
 2.1 物権法定主義
 2.2 慣習法上の物権
 2.3 民法上の物権
 2.4 特別法上の物権
3 物権の客体
 3.1 特定・独立・現存の有体物
 3.2 一物一権主義

   2章 物権の効力   ……………田中康博
1 序 説
2 優先的効力
 2.1 物権相互間の優先的効力
 2.2 債権に対する優先的効力
3 物権的請求権
 3.1 序 説
 3.2 所有権に基づく物権的請求権
 3.3 所有権以外の物権・人格権に基づく請求権

   3章 物権の変動  
1 序 説 
             ……………石田 剛
 1.1 物権変動の意義
 1.2 物権取引の安全と公示の必要性
 1.3 公示の原則と公信の原則
2 物権変動を生ずる法律行為
 ……………石田 剛
 2.1 債権行為と物権行為
 2.2 物権行為の独自性・無因性の問題
 2.3 物権変動の時期の問題
   ─売買における所有権移転時期
3 不動産物権変動における公示 
…………武川幸嗣
 3.1 序 説
 3.2 公示方法としての登記の概要
 3.3 不動産物権変動と対抗
 3.4 登記の効力
 3.5 仮登記の効力
 3.6 登記の手続
4 動産物権変動における公示
 ……………佐賀徹哉
 4.1 序 説
 4.2 動産物権変動の対抗要件
 4.3 動産の即時取得(善意取得)
5 立木等の物権変動と明認方法
 …………佐賀徹哉
 5.1 序 説
 5.2 立 木
 5.3 稲立毛・未分離の果実
 5.4 温 泉
6 物権の消滅
           ……………佐賀徹哉
 6.1 物権の消滅原因
 6.2 混 同

   4章 各種の物権
1 序 説          
……………辻 伸行
2 占有権          
……………辻 伸行
 2.1 占有制度の意義
 2.2 占有の成立と態様
 2.3 占有権の取得
 2.4 占有の効果
 2.5 占有権の消滅
 2.6 準占有
3 所有権
      ………松尾 弘・鎌野邦樹
 3.1 所有権の意義と内容〔松尾〕
 3.2 土地所有権の効力〔松尾〕
 3.3 所有権の取得(原始取得)〔松尾〕
 3.4 共 有〔鎌野〕
 3.5 建物の区分所有〔鎌野〕
4 地上権          ………石田 剛
 4.1 序 説
 4.2 地上権の取得・存続期間・消滅原因
 4.3 地上権の効力
 4.4 区分地上権
5 永小作権         ………石田 剛
 5.1 序 説
 5.2 永小作権の取得・存続期間・消滅原因
 5.3 永小作権の効力
6 地役権          ………神田英明
 6.1 序 説
 6.2 地役権の取得・存続期間・消滅原因
 6.3 地役権の効力
7 入会権          ………神田英明
 7.1 序説─入会権の意義と沿革
 7.2 入会権の主体と入会権者
 7.3 入会権の効力
 7.4 地盤所有権との関係
 7.5 入会権の得喪
8 慣習上の土地使用権,漁業権,水利権,温泉権
               …………神田英明
 8.1 慣習法上の物権
 8.2 土地使用権
 8.3 漁業権
 8.4 水利権
 8.5 温泉権

事項索引
判例索引

 



書籍一覧へ
はしがき
書籍の購入