目  次

   1章 序 論         …………… 鎌田 薫
1 担保物権の意義と機能
 1.1 担保制度総説
1.2 担保物権の意義
2 担保物権の種類
 2.1 典型担保(制限物権型担保)
 2.2 非典型担保(権利取得型担保)
3 担保物権の効力
 3.1 優先弁済的効力
 3.2 留置的効力
 3.3 収益的効力
4 担保物権の性質(通有性)
 4.1 付従性
 4.2 不可分性
 4.3 物上代位性
   2章 民法典上の担保物権(典型担保)
1 留置権                ……………関 武志
 1.1 序 説
 1.2 留置権の成立要件
 1.3 留置権の効力
 1.4 留置権の消滅
2 先取特権               ……………関 武志
 2.1 序 説
 2.2 先取特権の種類と成立
 2.3 先取特権の相互および先取特権と

   他の担保物権との優劣関係
 2.4 先取特権の効力
 2.5 先取特権の消滅
3 質 権                ……………占部洋之
 3.1 序 説
 3.2 動産質
 3.3 不動産質
 3.4 権利質
4 抵当権  生熊長幸・舟橋秀明・小林明彦・柴原宏昭
 4.1 序 説〔生熊
 4.2 抵当権の設定〔生熊
 4.3 抵当権の効力〔生熊〕(1)~(4)・〔舟橋〕(5)~(8)
 4.4 抵当権の処分〔舟橋
 4.5 抵当権の消滅〔舟橋
 4.6 共同抵当〔小林
 4.7 根抵当権〔柴原
 4.8 特殊の抵当権〔柴原

   3章 非典型担保      ……………池田雅則
1 序 説
 1.1 非典型担保の意義と種類
 1.2 非典型担保の特色と機能
 1.3 叙述の順序
2 仮登記担保
 2.1 序 説
 2.2 仮登記担保権の設定
 2.3 仮登記担保権の効力
 2.4 仮登記担保権の私的実行
 2.5 競売手続と仮登記担保権
 2.6 仮登記担保権と用益権の調整
 2.7 仮登記担保権の消滅
3 譲渡担保
 3.1 序 説
 3.2 譲渡担保権の設定
 3.3 譲渡担保権の対内的効力
 3.4 譲渡担保権の対外的効力
 3.5 譲渡担保権の実行
 3.6 譲渡担保権の消滅
 3.7 特殊な譲渡担保
4 所有権留保
 4.1 所有権留保の意義と特色
 4.2 所有権留保の設定と効力

事項索引
判例索引


書籍情報へ はしがき
書籍の購入