目 次

第1 論文 強制執行忍容説と裁判・執行実務
第1 はじめに  1
第2 責任説   3
 1 責任説の素描  3
 2 法定の忍容訴訟 4
 3 物権的訴訟8
 4 詐害行為取消訴訟   13
 5 責任説と実務   21
  ⑴ 取消の必要性 21
  ⑵ 責任訴訟と債務者に対する債務名義 23
  ⑶ 責任訴訟の判決主文 31
  ⑷ 責任説の総括 36
第3 訴権説   37
 1 訴権説の素描   37
   ⅰ比較法的考察/ⅱ沿革的考察
 2 訴権説と執行忍容訴訟   39
  ⑴ 訴権と詐害行為取消訴訟  39
  ⑵ 民法424 条と執行忍容訴訟 40
    ⅰフランスにおける詐害行為取消訴訟/ⅱアメリカにおける詐害行為
取消訴訟/ⅲ民法424 条の沿革的考察
 3 訴権説と実務  45
  ⑴ 判決主文 45
  ⑵ 詐害行為取消判決に基づく強制執行 46
第4 あとがき  50
〔追記〕 51


第2 論文 詐害不作為の取消
第1 問題の所在  53
第2 ドイツ詐害行為取消法(Anf G)の場合  54
 1 新法(Anf G 1999) 54
 2 取消の対象 54
  ⑴ 法律的行為 54
  ⑵ 債務者の法律的行為 54
  ⑶ 債務者の不作為 55
  ⑷ 不作為の例 55
 3 取消の方法  55
  ⑴ 強制執行忍容訴訟 56
  ⑵ 詐害行為取消訴訟 56
  ⑶ 不作為取消の場合 57
第3 わが破産等の否認の場合  58
 1 否認の対象  58
  ⑴ 法律的行為  58
  ⑵ 破産者の行為 58
 2 不作為の否認  58
  ⑴ 判 例 58
  ⑵ 学 説 59
 3 否認の方法  59
第4 詐害行為取消権の場合  60
 1 取消の対象  60
  ⑴ 法律行為 60
  ⑵ 債務者の行為 61
 2 不作為の取消  61
 3 取消の方法  61
第5 詐害不作為の取消  63
 1 取消の対象との関係  63
 2 取消との関係  63
 3 裁判上の請求  64
 4 不作為取消の要件  64
 5 不作為の取消方法  64


第3 論文 詐害行為取消訴訟と債務名義
第1 問題の所在  67
第2 現物返還と債務名義  69
 1 強制執行忍容説  69
  ⑴ 責任説 69
  ⑵ 訴権説 69
 2 ドイツ法における債務名義  70
  ⑴ 執行力ある債務名義の必要性 71
  ⑵ 債務名義の種類 71
  ⑶ 債務名義の内容 71
  ⑷ 債務名義の機能 71
 3 強制執行忍容説の難点  74
  ⑴ 責任説について 74
  ⑵ 訴権説について 74
  ⑶ 判例・通説との関係 75
第3 価格賠償と債務名義  75
 1 取消債権者の金銭受領  75
 2 価格賠償原則論  76
  ⑴ その理論 76
  ⑵ その検討 77
第4 詐害行為取消訴訟と被保全債権の給付訴訟  78
 1 2 つの債務名義  78
 2 新形成権説  79
 3 詐害行為取消訴訟と給付訴訟の併合  79


第4 論文 詐害行為の無効と取消──判決主文に関連して
Ⅰ 問題の所在  81
Ⅱ 逸出財産の原状回復法理の系譜  82
 1 ローマ法  82
 2 イタリー都市法  82
 3 フランス法  83
 4 ドイツ法  83
 5 イギリス法  85
 6 アメリカ法  86
 7 日本法  87
Ⅲ 取消文言不要論  92
 1 逸出財産の原状回復の法理(無効と取消)92
 2 絶対的効力と相対的効力  93
 3 民法424 条の法文との関係  95
 4 「取消」の公示との関係  95
 5 「取消」文言のデメリット  96
 6 要 約  96
Ⅳ 強制執行忍容訴訟の是非  97
 1 学 説  97
 2 強制執行忍容説における債務名義(給付名義と忍容名義)97
 3 ドイツの強制執行忍容判決主文  98
 4 アメリカの詐害行為取消訴訟  100
Ⅴ 債権者の競合  101
 1 優先主義か平等主義か  101
 2 強制執行忍容の場合  102
 3 強制執行忍容判決の執行と優先主義  103
第5 論文 アメリカの詐害譲渡取消訴訟概要
前編〔総論〕
文献目録 105
第1 沿革小史  106
 1 ローマ法  106
 2 イギリス法  106
  ⑴ エリザベス法 106
   ⅰ詐害の要件/ⅱ無効とされた結果
  ⑵ Badges of Fraud の法理 107
 3 アメリカ法  108
  ⑴ アメリカ民事訴訟制度発展の経過 108 
  ⑵ 民事訴訟制度と詐害譲渡取消訴訟 108
 4 統一詐害譲渡法(1984 年のUFTA)の概略  110
 5 統一詐害譲渡法(1918 年のUFCA)9 条と10 条  113
第2 詐害譲渡取消権の行使   114
 1 行使の方法  114
 2 訴えの提起  115

第3 原告(Plaintiff, Complainant)116
 1 原告となる者  116
 2 判決債権者(Judgment Creditor) 117
 3 詐害行為以後の債権取得者  117
 4 弁済期未到来の債権を有する者  118
 5 不確定債権を有する者  119
第4 被告(Defendant) 120
 1 被告となる者   120
 2 譲受人(Transferee)・転得者(Subsequent Transferee) 120
 3 債務者(Debtor)  121
 4 内部者(Insider)  122
第5 無効・取消の対象(譲渡)  123
 1 統一詐害譲渡法の規定  123
 2 譲渡の対象  123
  ⑴ 財産(Property) 123
  ⑵ Property とAsset 124
  ⑶ 財産上の権利 124 
 3 譲渡の例示  125
 4 債務負担行為(Obligation) 125
 5 リーエン(Lien)  126
第6 詐害(Fraud)  128
 1 詐害の成立  128
  ⑴ 詐害の二つの範疇(Categories)  128
  ⑵ 事実上の詐害(Fraud in Fact) 128  
  ⑶ 法律上の詐害(Fraud in Law) 129
  ⑷ 偏頗行為(Preference) 130
 2 詐害の立証   131
  ⑴ 現実の詐害(Actual Fraud) 131
  ⑵ 擬制的な詐害(Constructive Fraud) 132
  ⑶ 約因(Consideration) 133
第7 答弁(Answer)  136
 1 一般訴訟の答弁   136
 2 詐害譲渡取消訴訟の答弁   136
  ⑴ 通常の答弁(Ordinary Defense) 136
  ⑵ 譲受人の権利(Right of Transferee) 136
  ⑶ 立証責任 137 
第8 詐害譲渡に対する救済(Remedies) 138
 1 救済の態様   138
  ⑴ 債権者訴訟(Creditor’s Bill) 138
  ⑵ 補充手続(Supplementary Procedure) 138
  ⑶ 統一詐害譲渡法による救済 139
    ⅰ終局判決(Final Judgment)/ⅱ Decree /ⅲ宣言的判決(Declaratory
    Judgment)/ⅳ略式判決(Summary Judgment)/ⅴ命令(Order)
 2 譲渡の無効(Avoidance of Transfer)  140
  ⑴ エリザベス法における無効  140
  ⑵ 統一詐害譲渡法の規定 141
  ⑶ 相対的効力 142
  ⑷ 無効・取消の限度 143
  ⑸ 詐害・無効・取消の表現事例 143
  ⑹ 無効・取消の対象 143
 3 優先権(Priority)  144
 4 金銭賠償(Money Damages)144
  ⑴ 補償的賠償(Compensatory Damages) 144
  ⑵ 懲罰的賠償(Punitive Damages) 145
 5 仮差押その他の暫定的救済  145
  ⑴ 統一詐害譲渡法の規定 145 
  ⑵ 連邦民事訴訟規則(FRCP) 146
  ⑶ 仮差押(Attachment) 146
 6 差止命令(Injunction)  146
 7 財産保全管理人(Receiver)の選任  148
 8 費用の負担  148
  ⑴ 訴訟費用(Costs)等  148            
  ⑵ 弁護士報酬(Attorneys’Fees) 149
 9 その余の救済(Other Relief)  149
第9 強制執行(Levy Execution) 151
 1 金銭給付判決による強制執行  151
  ⑴ 債務者に対する一般の強制執行 151
  ⑵ 価格賠償の判決の執行 152 
 2 コモンローによる執行   152
 3 統一詐害譲渡法   153
  ⑴ UFCA§9  153
  ⑵ UFTA§7  153
  ⑶ 併合訴訟の判決 153
4 執行の実務  154
  ⑴ 判決債権者による執行 154
  ⑵ 執行買受人(execution purchaser)の地位 154
  ⑶ 債権者競合の場合 154
後編〔事例〕
序 論──書面の様式  156
 1 連邦民事訴訟規則(FRCP) 156
 2 訴状の様式  156
 3 判決の様式  157
 4 本書の事例  157
第1 訴状(Complaint)【事例1 ~ 9】  158
第2 答弁書(Answer)【事例10 ~ 12】  176
第3 判決(Judgment)【事例13 ~ 17】 183
第4 その他の事例【事例18 ~ 26】  195
  ⑴ 宣誓供述書(Affidavit) 【事例18】 195
  ⑵ 宣誓に代わる確約(Affirmation)【事例19】 198
  ⑶ 告知(Notice)【事例20】 200 
  ⑷  仮(暫定的)差止命令の申立(Motion for Preliminary Injunction)【事
例21】 202
  ⑸  財産保全管理人選任の申立(Motion for Appointment of Receiver)【事
例22】 204
  ⑹ 覚書(Memorandum)【事例23】 206
  ⑺ 意見書(Argument)【事例24】 208
  ⑻ 質問書(Interrogatory)【事例25】 209
  ⑼ 請願書(Petition)【事例26】 211

   書籍購入

   詳細