法学講義シリーズ

 

丸ごと学ぶ法律学

 本シリーズは、学習者が基本法の基礎概念と基本構造を把握し、法学部で修得すべき基本法学の水準を充足できるように、構成、内容、叙述の仕方等の点で周到な配慮をした。

 

 

ザ・スタンダード

 叙述に当たっては、各執筆者において、判例、通説を踏まえ、個別の学説の展開は極力避け、均質性を保つように意を用いた。

 

 

一気読みが容易に

 法学を学ぶ際、大切なことはまずはテキストを一気に通読することである。これにより、全体の概要をつかみ、さらに、通読を繰り返すことで速やかに理解が深まる。本シリーズでは、細部の説明や、参照文献、判例の出典を、欄外注等に出してその通読を容易にした。

 

 

 

判例講義シリーズとの連動

 判例については、本シリーズの姉妹編ともいうべき既刊『判例講義民法 I 総則・物権』『同・Ⅱ債権』『判例講義民事訴訟法』『判例講義刑法 I総論』『同・Ⅱ各論』との連動を図った。

 

 


 

 Top Pageへ            書籍一覧へ          書籍のご購入についてへ